銀行でお金を借りる

以前はお金を借りる=銀行というイメージが固定していました。銀行と一口に言っても、
発券銀行である日本銀行を筆頭に、都市銀行、地方銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合など、さまざまな種類があります。

主な銀行は
・都市銀行(メガバンク)
大都市に本店を構え、全国で銀行業務を展開

・地方銀行
地方都市に本店を構え、地域に密着したサービスを展開

・外資系銀行
日本国外に本店があり、国内には支店を構える銀行

どの銀行も、さまざまな金融商品を提供しており、どのような目的でお金を借りるのかによって選択するローンの種類も違ってきます。その種類は多く、これまで銀行でお金を借りたことがない人は迷ってしまうかもしれません。
またお堅いイメージから、「審査が厳しいのではないか」「手続きが煩雑では」「金利はどれくらいなのか」など、気になるポイントもたくさんあるかと思われます。

お金の借り方も、住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、リフォームローンなど、目的別に細かく設定されていいます。

ここでは銀行カードローンに搾り、上手にお金を借りる方法や注意点なども含めて説明していきたいと思います。

そもそもカードローンとは?

カードローンと言う言葉はよく聞きますが、実際どんなサービスをいうのでしょう。単純に言えば「お金を借りるためのサービス」ですが、実のところ、その定義や内容まではよく知らないという方もいらっしゃるかと思います。

多くの人が質屋を利用していたころの流れで、通常お金を借りるときには、お金を貸してくれるところに家や車などを担保として預け、返せなくなった時は担保が貸した人のものになっていました。
時代は流れ、物が豊かになったことから、物の価値は下がり、お金を借りる際も、それまでの物(担保)から収入を信用してお金を貸すようになりました。カードローンはこの考え方を基本としているので、担保は不要です。
さらに、借りたお金を何に使うかという使徒も提示する必要がなく、繰り返し借入れが可能。お金を借りた人が返済できなくなった時に返済義務を負う保証人も不要なことがほとんどです。
借入れ目的が明確で、購入する住宅や車が担保となる住宅ローンや自動車ローンと異なる点です。

簡単に定義すると、カードローンは金融機関から無担保・保証人なしで借入れや返済ができるローン商品」で、審査を通過すると発行されるローン専用のカード(ローンカード)がその名前の由来です。

専用のカードが発行されるので、契約だけを済ませ、必要になった時に使用するといった使い方もできます。
ここまで述べたカードローンを銀行で行うのが、銀行系カードローンです。

銀行カードローンのいま

かつての銀行は即日審査、即日融資、年収による貸出額の規制もないという使い勝手のよさでした。しかし2017年ごろから事情は一変します。

もともとアコムやアイフルなどの消費者金融は、法律によって借り入れできる額が申込者の年収の3分の1までと決められています。その法律を「総量規制」といい、他社ですでにその額を借りていた場合には、消費者金融からお金を借りることができません。

消費者金融とは金融機関としての種別が異なる銀行は、この総量規制の対象外です。そのため、審査が通れば、他で借りている分があっても、年収の3分の1を超える金額であっても借入れが可能です。

しかし借りやすいがために返済能力をうわまわる額を借りてしまい銀行カードローンの貸付残高が原因で自己破産する人が急増したことで、金融庁から過剰な貸付を控えるように指導がありました。
現在は多くの銀行で、自主的に貸付の限度額を年収の3分の1から2分の1に規制しており、有利だった「総量規制の対象外」という立場は変わりつつあります。

もうひとつ、消費者金融と同様に可能だった「即日融資」についても廃止の道をたどることに。以前は銀行でも条件はあるものの申込んだその日に審査が通れば、即日お金を借りることができる即日融資を宣伝していました。
しかし、一部の銀行が暴力団などの反社会的勢力に対して安易に融資を行っていた事実が発覚したことで、審査には政府のデータベースへの照合が課せられることに。そのシステムの導入により、審査の結果がでるのが最短でも申込み日翌日になってしまったことから、即日融資が不可能になりました。

これらの変更点によって銀行カードローンは使いにくくなったと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、裏を返せば、規制なくお金を借りて返済が滞り、最終的に多重債務者になることを防いだり、銀行カードローンの内容に不鮮明な部分がなくなったりと、よりクリーンで安全性の高いものになったととらえることができます。

銀行カードローンを利用するメリット

私たち日本人は「お金を借りる」という行為に対して、少なからずマイナスのイメージを抱いています。お金を借りることを人に知られたくないという気持ちもそういった風潮から来ています。
しかし、銀行や消費者金融は、法に則った健全な事業を行っている立派な企業です。どこで借りるのが一番いいかは人それぞれですが、一般的に金融業の中でも、銀行はお堅いイメージがあり最も抵抗なく借りることができるのが銀行ではないでしょうか。

誰もが知っている歴史あるメガバンクが提供する銀行カードローンということで、借り手にとっては大きな安心感があります。

銀行カードローンと消費者金融の違い

知っているようで知らないのが銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの違いです。おさらいとなる部分も含め、もう一度説明します

〇銀行カードローン

・即日審査・即日融資はできない
・大手メガバンクや流通系企業が運営しており、安心感がある
・審査基準が厳しいことで、借りすぎを抑制できる
・上限金利に関しては銀行カードローンのほうが低く、低金利で借入れができる
・借入れ限度額は消費者金融より高く設定されている傾向にある
・発行元の普通預金口座との連携が可能で、口座残高が不足したときにカードローンの限度額の範囲内で自動的に融資される自動融資機能がある
・銀行口座との連携により、通常のキャッシュカードでカードローンが利用できる
・提携ATMを手数料無料で利用できる

〇消費者金融カードローン

・即日審査・即日融資が可能
・大手消費者金融と中小消費者金融がある
・かつてのヤミ金とは違い、法に則ったクリーンな業務を展開
・多くの消費者金融会社が無利息期間を設けるなど、サービス面に力を入れている
・銀行カードローンと比較すると審査の基準が低めに設定されていることが多い
・金利は銀行カードローンと比較すると高め
・法律によって年収の3分の1までしか借りることができない
・コンビニATMと提携していることが多く、利便性に優れているが、手数料は原則として有料

それぞれにメリット・デメリットが存在しますから、自分のライフプランを熟考して、借入先を選ぶことが重要です。

銀行カードローンの基礎知識

銀行カードローンをはじめ、カードローンをこれまで利用したことがない人には、「??」となる用語が登場します。よく使われるローン関係の用語を簡単に説明します。

・金利と利息

銀行カードローンに限らず、どのカードローンを利用しても必ず登場するのが金利です。
ややこしいと感じている方も多く、避けがちですが、理解してないと損をすることも。借入れを検討している方は必ず申込み前にそのローンの金利を確認しましょう。
金利とは借り入れたお金に対してどのくらいの利息が発生するのかをパーセントで示したもの。利息は借り入れたお金にプラスして返済する分の金額をいい、金利をもとに算出します。
カードローン金利と利息の計算方法は
〔借入金額 × 実質年率 ÷ 365 ×借入日数 =利息額〕
です。

・WEB完結

スマートフォンやパソコンのみで、カードローンの申し込みから契約まですべてを行うことができ、来店不要・郵送物なぢで契約が完了できるシステムのことを言います。契約書類はネットで交付され、月々の利用明細もWEBによる確認になります。郵送物がないため、基本的にはカードレスで借入れや返済を行うことになります。WEB完結は銀行カード
ローン、消費者金融カードローンのどちらでも利用できます。
混同しがちですが、WEB完結ではなく、WEB申込みの場合は来店は不要ですが、契約書類とカードは郵送で自宅に届きます。
最もお手軽なWEB完結として知られているのが消費者金融のSMBCモビットのカードローンで「電話、郵送物なし」「カードレス」「アプリをインストールするだけでスマホATM(セブン銀行)で取引開始」などのサービスで人気急上昇中です。

銀行カードローンのメリット

銀行のカードローンが利用者にとって良い点はいくつもあります。まっさきにあげられるのはやはり金利の安さでしょう。
都市銀行と代表的な消費者金融の上限金利を比較してみても

・都市銀行

みずほ銀行カードローン  上限金利 年14.0%
三ツ井住友銀行カードローン 上限金利 年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 上限金利14.6%

・消費者金融

アイフル 上限金利 18.0%
アコム  上限金利 18.0%
プロミス 上限金利 17.8%

銀行のカードローンと、消費者金融と比べるとその差は明らかです。借り入れ金額が大きいほど差も広がりますので、金利の安さは銀行ローンの重要なメリットです。

銀行カードローンのコスト面でのうれしいサービス

銀行カードローンのもうひとつのメリットとして、提携ATMでの手数料が無料になります。提携ATMのなかには、ゆうちょ銀行やコンビニエンスストアのATMなど利用しやすいものが多いから、このサービスは便利です。塵も積もればですが、これらの提携機関で頻繁に借入れや返済を行う場合は銀行カードローンが便利です。

銀行からお金を借りる際、数多くのサービスのなかからカードローンを選ぶメリットとして審査時間の短さがあります。

・主な銀行ローンの審査時間

住宅ローン  2週間~1カ月程度
自動車ローン 2週間~1カ月程度
教育ローン  2週間~3週間程度
フリーローン 1週間~2週間程度
カードローン 2営業日~3営業日

上記のように、利用目的が決まっているローン商品は審査時間が長い傾向にありますが、それは借入額が高額になるためで、審査も入念に行われます。

銀行ローンのなかに、カードローン同様、使用目的が自由なフリーローンがあります。個人向けのローンで、ギャンブルと事業資金以外は資金用途は自由です。カードローンと混同されがちですが、フリーローンが借入れできるのは初回の契約時だけという点が異なります。

カードローンの審査は厳しい?

銀行カードローンを利用する時に気になるのはやはり審査についてですよね。近年カードローンの貸出残高が急増していることから、審査基準を見直すべきだという風潮を受け、ほとんどの銀行で審査体制の見直しが行われました。

主な変化は
・預金保健機構を通じ、警視庁のデータベースへの照合を義務付け
・保証会社にとどまらず、銀行自身も審査体制を構築する
・収入証明書の判断ラインの引下げ
・貸付後の信用情報、返済状況の紹介

などです。

とくに大きな変化は2018年から開始された警視庁のデータベースへの紹介。当時は各メディアの報道でも大きく取り上げられたので、記憶している方も多いと思います。照会に時間がかかるため、結果として、銀行カードローンの即日融資が廃止となるという弊害が発生しましたが、本来の目的は「暴力団関係者への融資を阻止する」ことにありました。

この警視庁のデータベースへの照会に不安を感じるかもしれませんが、これはあくまで暴力団関係者かどうかを照会するもので、一般の利用者である個人のデータがさらされることはありません。

次に、収入証明書の提出判断ラインについて紹介します。以前は収入証明書が要らなかったり、提出が300万円を超える借入れを希望する方のみだったりしましたが、現在は、そのラインを50万円にまで引き下げる銀行も多く見受けられます。

これらは一見すると審査に通りにくくなるマイナス事項をしてとらえがちですが、返済不能に陥るリスクを防ぎ、より安心して借りられるようになった、と捉えられます。

以上の状況から、一般に銀行の審査が厳しくなったと思いがちですが、銀行も保証会社も借りてくれる人がいないと企業としての利益もあがりませんから、今後、これ以上審査が厳しくなる可能性は低いと予想できます。

銀行系カードローンの審査が厳しい原因は、銀行が一番困るのが、利用者が返済不能に陥り資金を回収できなくなることです。金利の低い銀行カードローンは、利息による収益が少なくなる都合上、返済不可の状況を避けたいがために、審査基準も厳しくすることで、
「確実に返済が見込める利用者」を選別しているわけです。

銀行カードローンの手続きに挑む

ここまでの情報をふまえて、カードローンの手続きの流れを見ていきましょう。

主な流れは
①申込み
商品ごとに定められている申込み方法で審査への申込みを行う
インターネット、電話、FAX、郵便、店頭窓口などから申込み。最近は24時間365日受付を行うインターネットによる申し込みが多い。

②審査の開始

③在籍確認

④審査結果回答

⑤契約手続き・完了

⑥ローンカードの発行、振込による融資の開始

①申込み

商品ごとに定められている申込み方法で審査への申込みを行う
インターネット、電話、FAX、郵便、店頭窓口などから申込み。最近は24時間365日受付を行うインターネットによる申し込みが多い。

②審査開始

提出書類
・本人確認書類(パスポート、マイナンバーカード、各種健康保険証、住基カード、などのうちいずれか)
・収入証明書(源泉徴収票、確定申告書、所得証明書、住民税決定通知書、給与明細書などのうちいずれか)
※収入証明書は規定額以上の借入れを希望する場合に提出

銀行カードローンの審査基準は公表されていないので、その基準がどのようなものかははっきりわかりません。これは審査基準を公表すると、意図的に融資を受けようと経歴などを詐称する方が現れるリスクがあるからです。

定番としてチェックされるのは
個人情報(氏名や生年月日など)、住居状況(住宅ローンの有無)、家族構成、勤務先情報(名称、住所、勤続年数、収入、雇用形態、職種など)、他社の借入残高・件数など
ポイントはやはり、申込者の返済能力に直結する、年収と他社の借入残高や借入件数、そして返済遅延の有無でしょう。逆に考えればこの4つに問題がなければ審査が通る可能性は大きくなります。

ここまで見ていただいても、質問の内容に、消費者金融やほかのカードローンと大差があるとは思えません。虚偽の報告はせず、誠実な態度で審査に臨んでいただければ不安を抱く必要はありません。

③在籍確認

銀行カードローンの審査過程で原則必須とされる在籍確認。担当者が勤務先に電話をかけ、本当に在籍しているかどうかを確かめることをいいます。しかし審査を通過した方のなかには在籍確認がなかったなど、省略される場合も。それはどんな場合なのでしょうか。

在籍確認が省略される人には以下の共通点があります。
・信用情報から勤務先に在籍していることを確認できる
・借入れ希望額が50万円以下である

上記2点について、担当者の判断で職場への在籍確認の連絡を行わないことがあります。
ただし、そのようなケースは稀で、大手都市銀行のカードローンは必須ですから、原則職場への在籍確認の電話があると思っておいたほうがいいでしょう。

では実際に、在籍確認はどういった形で連絡があり、どのようなことを聞かれるのでしょうか。
銀行カードローンと消費者金融の在籍確認で大きく違うのは「行名・社名を名乗るか否か」です。通常、消費者金融カードローンの在籍確認では、プライバシーに配慮して個人名で行われます。貸金業者には貸金業法という法律において、「第三者に契約者の借金の事実を口外してはならない」と定められているからです。

一方、銀行はカードローン以外にもさまざまな事業を展開していますから、会社名を名乗り連絡があります。とは言っても具体的な内容まで口外することはありませんので安心ください。在籍しているかどうかのみが分かればいいので、電話で融資の内容や生年月日等の個人情報を訪ねられることもありません。
本人が不在の場合でも「離席中です」というやりとりがなされれば、在籍していることが確認できるためそれ以上電話がかかってくることがありません。

このように、銀行カードローンは基本的に銀行名を名乗って電話がありますが、申込み時に「在籍確認で銀行名を名乗らないでほしい」と希望を伝えておけば、ほとんどの銀行で、担当者の個人名で電話をかけるなどの対応策をとってくれます。また、電話をかけるスタッフの性別指定もできるので、会社に見知らぬ異性から電話があって怪しまれる恐れがおる場合は、それもあらかじめ伝えておきましょう。

例外的なの銀行として、楽天銀行スーパーローンのように最初から担当者の個人名で在籍確認を行う銀行もあります。

④審査結果回答

すべての申込者に厳正な審査を行った結果、審査結果が知らされます。実はその工程のほとんどは保証会社が担当しています。
保証会社とは金融機関でローンの申し込みをした際、金融機関とともに保証審査を行う専門企業です。万が一、申込者の返済が難しくなった場合は保証会社が弁済を行います。
保証会社では審査内容を点数化するスコアリング化を行い、申込者に対して融資が可能かどうかの判断を行います。

審査結果の連絡方法はメールであったり郵送であったり銀行によって異なります。なかにはみずほ銀行のように通過した場合はメール、落ちた場合は郵送というように使い分けている銀行もあります。

メールの場合は、設定によって迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうこともあるので、遅いと思ったらメールボックスを確認してみましょう。

⑤契約手続き・完了

契約書類に記入し提出すれば完了です。提出方法は以下のとおり。
・郵便で
自宅あてに郵送された契約書類に記入し、郵送
・FAXで
契約書類をダウンロードし、必要事項を記入し、FAX
・WEBで
専用サイトで手続き完了

⑥ローンカードの発行、振込による融資の開始

カードが自宅に届き次第利用を開始できます。最近はすべてをネット上で行う「WEB完結」も増えてきて、カードレスや普通預金のキャッシュカードでカードローンも兼ねられるようになってきました。

銀行カードローンの利用条件

・口座の有無

銀行カードローンを利用するにあたり、申込み条件に「普通預金口座が必要」と記載されていたり、返済口座が「自行の口座」に指定されていたりするので、口座開設が条件になる場合がほとんどです。申込みと同時に口座の開設もできるので申込み時に心配の必要はありません。

・自営の場合

自営業の方がお金を借りる場合、会社員よりも審査基準が厳しくなる傾向があります。収入が安定しにくいという理由ですが、具体的には、会社員であれば収入証明書類の提出が必要ない金額であっても提出を求められるケースもあります。
しかし、審査は落とすためのものではありませんから、誠実に申込みをすれば通過も十分に可能です。

・専業主婦、学生、派遣社員、無職の場合

専業主婦以外の無職の方は、返済にあてる収入がないために審査に通過することはできません。また、専業主婦の方もカードローンの商品によっては申込み不可になっている場合もあります。ただし、配偶者に安定した収入があれば利用可という商品も多いので、各銀行のHPで融資条件を事前にチェックしておきましょう。

最近増えている派遣社員として働いている方に関してはほとんどの銀行カードローンで申込み可能となっています。

実例 銀行カードローン

戦前からずっと、長い間日本の金融サービスは銀行の独断場が続いてきました。預金を集め、それを企業に融資して、経済を動かしてきたのは銀行の役割が大きく、多くの人が金融サービスは銀行にしか提供できないと思われてきましたが、いまやその概念はあっけなく崩れ去ったようです。
近年はIT企業など、非金融企業が金融サービスに参入することも特段珍しいことではなくなりました。その変化を受けた銀行業界では、これまでの絶対的な立ち位置に甘んじることなく、融資においても、利用者の視点に立ったサービスを展開しています。

ここでは、「最も銀行らしい」イメージの都市銀行と、新興勢力として勢力を拡大し続ける流通系企業のカードローンを紹介します。
最近はネット環境の普及により、WEBでの申込みが急増したことで、365日年中無休で、しかも時間に関係なく審査の申込みができるようになり、利便性がますます向上しています。どの銀行も利用は自行だけということはなく、まちのあちこちにある提携金融機関のATMやコンビニエンスストアのATMで取引ができるので、焦ってATMを探す手間もありません。

・みずほ銀行

メガバンクによる安心のカードローン。口座があれば申込みからカード発行までの期間を短縮でき、みずほダイレクトで24時間取引が可能。みずほ銀行の住宅ローンを利用すれば
カードローンの金利を0.5%引き下げることができます。
金利 2.0%~14.0%
限度額 最大800万円

・三井住友銀行

口座不要で申込みが可能な貴重な銀行カードローン。土曜や日曜も審査に対応してくれるなど利用者のニーズに寄り添ったサービスを提供している。
金利 4.0%~14.5%
限度額 最高800万円

・三菱UFJ銀行

口座開設、来店不要の銀行カードローン。全国の三菱UFJ銀行ほか、セブン銀行、ローソン銀行、イーネットのATMで利用が可能。WEB完結で申込みをして、無人契約機のテレビ窓口にてカードを受け取れば、郵送物は一切発生しません。テレビ窓口以外に、ローンカードは郵送でも受け取れます。ATMなら1,000円単位で借入れが可能です。
金利 1.8%~14.6%
限度額 最大500万円

・りそな銀行

東京と大阪に営業拠点が集中し、都市部で知名度の高い、りそな銀行の取り扱い。金利は銀行カードローンのなかでも低い水準。融資限度額は13通りのコースが用意されており、それぞれの融資限度額により金利が固定されている点が大きな特長で、限度額は審査によって決定されます。利用条件として、りそな銀行の口座が必要です。審査回答に時間を要しますがパートやアルバイト勤務の方にも門戸を開いています。
金利 3.5%~12.475%(変動金利)
限度額 最大800万円

・楽天銀行カードローン

旅行から身の回りの品まで、生活に密着したサービスを展開する楽天グループが運営する銀行。楽天カードローンは還元率の高さやポイント制の充実などで、満足度の高いローンです。下限金利1.9%は業界トップクラス。入会でもれなく楽天スーパーポイント1000ポイントをプレゼントするなど、サービスの充実ぶりに定評があります。
金利 1.9%~14.5%
限度額 10万円~800万円

・イオン銀行カードローン

楽天銀行と並ぶ人気の銀行カード。その名のとおりイオングループが運営するネット銀行で、オンラインバンキングでの取引になります。その魅力は全国通津浦々に5000台以上の銀行ATMを有するネットワーク。イオンやマックスバリュなどのお店を利用する方ならかなり使い勝手のよいカードです。来店・郵送、担保・保証人、銀行口座すべてが不要でもカードローンを利用でいる太っ腹な銀行カードローンです。
金利 3.8%~13.8%
限度額 最大800万円

・じぶん銀行

KDDIと三菱UFJ銀行が共同で出資したインターネット銀行。スマホで融資まですべて完結できます。auユーザーなら最大0.5%優遇のau限定割があり、auユーザーならお得な金利で利用が可能という特典もあります。毎月の返済額が1,000円~設定できる気軽さもあって、カードローンがはじめての方も安心です。
金利 2.2%~17.5%
限度額 最大800万円

銀行カードローンのまとめ

いかがでしたか。銀行カードローンの魅力は、サービス内容はもちろん、圧倒的なブランド力に裏打ちされた安心感ではないでしょうか。
これまで敷居の高かったメガバンクも消費者金融の台頭や異業種の参入に刺激を受け、利用者視点に立ったサービスを提供するために企業努力を重ねています。時代の変化の中で生まれたネットバンキングは人件費や店舗の維持に経費がかからない分、利用者にとってありがたいサービスとして還元しています。それぞれにメリットもデメリットもありますから、ここまで述べてきた銀行カードローンの特長を生かし、最適なカードローンを活用することで豊かな生活に役立ててください。